セラピストに本当に必要なチカラとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何をどう学ぶか、資格取得の基本となるものそれは「学習要項」「学習カリキュラム」です

国内外の資格を問わず様々な学習カリキュラムの構築や実施に携わってきた経験から

生徒さんに本当に身につけて欲しいチカラがあります

現場で活きるチカラ

息の長いセラピストとして走り続けられるチカラ

お客様に求められるセラピストとして身につけて欲しいものは

自分の答えを導き出すチカラ”です。

**

結論から言いますと・・・

正直ぶっちゃけます(笑)

国内の資格ではこの“自分の答えを導き出すチカラ”を養成するのに限界がありました

精油の薬理作用やブレンドの技術、クライアントを捉える視点などは、自由な学びの中でこそ培われます

1つの質問に対して1つの答えを述べる国内の資格試験ではどうしても考えの幅が狭くなってしまいます

 

それに対して国際資格は正答のない世界を追求していくような感じ

つまり、1つのケースに対して、10人のセラピストがいれば、10通りのセラピー処方があっていいという考え方

 

これはごくごく自然な考え方です。

**

イメージしてみてください

40代女性

最近よく眠れないのでアロマテラピーを使ってみたい

こんな主訴をもったクライアントが来店されたとします

良く眠れない理由や背景を探りますよね

仕事のストレス?人間関係?ホルモンバランス?etc…

思いつくだけでも様々な背景が想像できます

ということは、聞き手(セラピスト)によって何をクローズアップするかということも違っていて当然なのです

選択する精油もしかり。

**

こういった現場で繰り返されるやりとりに自分の考えをはっきり持って対応できているかということが重要です

こういった主訴だからこの精油を選んだ。

この方向に導きたいからこの手技を施す。

結果はやってみないと分からないこともありますが、明確な想いをもってセラピーを組み立てているかどうかです

**

つまり国内の学びを基礎として国際資格の要素を加えセラピーを進化させていくのが我々がおススメする学び方です

国際資格の要素を取り込んだセラピストはケースの応用力が付きやすく、息の長いセラピストとして活躍し続ける可能性がぐんと上がります

自由な考えのなかで学ぶことでアロマテラピーの新たな魅力も見えてきます

そして自分の可能性や新たな魅力が培われていきます

 

国際資格を目指してください!本当にやりたかったことや新鮮な面白さに出会えます

<ISAメディカルアロマセラピストコース>

開講日:2018年7月29日(日)

全日程:7/29 8/26 9/30 10/28 11/25 全て日曜日

時間:10:00~17:00

受講条件)アロマテラピーインストラクターコース以上を履修している方、他校で学んだ方の編入も大歓迎です

受講料:124,200円(教材・税込)

全日程修了すると、2019年1月実施のISAメディカルアロマセラピスト筆記試験に受験できます

入学相談もお気軽にお声掛けください!


アロマセラピストの活動の幅が広がります!

医療従事者や介護福祉関連従事者にもおすすめです!


こちらもご覧ください♪

2017年ISAフォーラムの様子

ISAメディカルアロマセラピスト合格の声続々!

お気軽にお問合せください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。