ロウソク工場見学♪

いつもキャンドル材料を仕入れている国光産業さんへ挨拶と工場見学へ行ってきました♪

八女にある国光産業

九州で一番大きなロウソク工場なんですよ

100%日本製でここから作られたロウソクは全国へ配送されます

みなさんが普段見ているお仏壇やお葬式に使われているロウソクはほとんど国光産業さんのロウソクなはず

 

ロウソクはほとんどが手作業で作られています

次から次へとロウソクができていく過程は見ていてとても楽しかったです

 

工場内に地下水を巡回させ、ロウソクを早く固めていたり

固まるのを待つ間はロウソクの芯をきり、

さらに芯をロウソクの真ん中にするために、

積み木で微妙な調整を行っていたりとまさに職人技がたくさん!

 

国光産業さんのロウは日本で一番いい品質だとキャンドル作家の間でも話題なんです♪

一番よく使うのがパラフィンワックス

 

品質が悪いとどうしてもロウを溶かすときに石油臭い匂いがしますが、国光産業さんのロウは全くそれがないんです!

さらに不純物が入っていないため黄ばんでくることもなくずっと白くて綺麗

その分、着色をした時の発色も綺麗なんですよ〜

 

最近は農家でもロウソクを使用しているそう

このロウソクはハウスキャンドルといって200時間燃焼可能!

ハウスの保温効果を高めてくれ、さらには促進栽培、炭素がでておいしく育つというデータもあるそう

通常ハウスを温めるときの燃料よりもかなり安く、熊本県などではよく利用されているそうですよ

 

そのほか色々なロウソク最新事情が聴けとっても楽しい時間でした

 

帰りはミシュランに掲載されたというお蕎麦を食べ大満足♡

八女に行った際はぜひ工場見学に行ってみてくださいね!

ご予約はこちら