楽しい毎日を過ごすために!漢方がもっと身近になりました

先月「からだに美味しい!漢方セルフケア講座」を開催しました

2日目には20種類のスパイスを使って薬膳の「バターチキンカレー」を作りました♪

これが本当に絶品♡

漢方を身近に感じることができました

「漢方って即効性がなさそう」

「長く飲み続けないとダメ」

「漢方は効果が穏やかだから空腹時に飲まないとダメ」

そんな風に思われがちですが、でも実際は違います!

その仕組みを知れば漢方をより身近に感じることができますよ

 

そのためには自分にあった漢方薬を選択することが大切

そこで必要となってくるのが自分の「証」を知ること

例えば頭痛の悩みを解消したい場合、頭痛に効く漢方は

「葛根湯」「五苓散」「当帰芍薬散」「桂枝茯苓丸」などたくさん

この中で自分自身の「証」に一番あったものを選ぶことで効果も変わってきます

 

最近、雨が続き頭痛がなかなかスッキリ治らなかった私

そこで今回、自身の証をセルフチェックし、私に合う漢方を選んでみました

そして漢方講座終了から飲み始めた「五苓散」

気圧が低くなり頭がなんか重いな、そんな時に五苓散を飲むと

頭痛がひどくならずに済むようになりました

 

病院へ行くほどではない不調にセルフケアで漢方を飲む

また将来に備えて漢方で体をメンテナンスする

漢方講座を通じて自分の心や体に目を向けることの大切さにも気づかされました

セルフケアを行いまずは自分が楽しい毎日を過ごすこと

そうすることで身近な人に対しても優しく大切にすることができると思います

 

そしてお待ちかねのバターチキンカレー作り

カレーにはターメリックやクミンなど20種類のスパイス、ハーブが入っています

漢方薬に使われている生薬はカレーのスパイスと同じものなんですよ

そして薬膳の基本として見た目の色味もとっても大事!

赤、緑、黄色とバランスのとれたインスタ映えの料理は実は薬膳だったり

そう考えると本当に漢方って身近ですよね

 

そして完成〜

今まで家庭で食べたことのない本格的な味にびっくり!

講座終了後、早速カレーを自宅で作りましたという声も♡

 

「からだに美味しい!漢方セルフケア講座」はリクエスト開催中です

気になる方はぜひお問い合わせください